Edgeでローカル環境の仮想ホストを表示させる方法

2019年2月22日 2019年2月21日 WEB

ApacheでVirtualHost(仮想ホスト)を設定し、WEBサイトやWEBアプリケーションの制作環境を構築します。
バーチャルホストを設定すれば、複数ドメインの制作環境が構築できるので便利です。

XAMPPを使ったバーチャルホストの設定はこちらのサイトが参考になります。

参考リンク
XAMPPで任意のディレクトリをバーチャルホストにする方法

Edgeで仮想ホストを表示する方法

Edgeのオプション設定

Edgeのアドレスバーに次のテキストを入れ「開発者向け設定」を開きます。

about:flags

localhostのループバックを許可する」にチェックを入れ、Edgeを再起動します。

これで、「localhost」は表示されます。

xamppの「httpd-vhosts.conf」を使って別名の仮想ホストを表示させるには、もうひと工夫必要です。

アドレスの末尾に「.」ピリオドを入れる

Edgeでは、ただ仮想ホスト名を入れても表示してくれません。

※仮想ホスト「naoyu」の場合のイメージ

Edgeの場合はホスト名の末尾に「.」ピリオドを追加する必要があります。
例えば、設定した仮想ホストが「example-co-jp」の場合は次のとおりです。

example-co-jp.
example-co-jp./subdir/
example-co-jp./subdir/hoge/index.html

このように、Edgeではホスト名の末尾にピリオドを入れることで仮想ホストを表示できます。

仮想ホスト「naoyu」をEdgeで表示しているイメージ
※仮想ホスト「naoyu」をEdgeで表示しているイメージ

参考リンク
Edgeでapacheのvirtualhostが認識できない

localhostに別名を付けるためにはピリオドを含む必要があるそうです。
現象から察するに、ピリオドを含まない場合は相対ドメイン名と解釈されて検索対象から外されてしまうのかなぁ…。

引用元:「Edgeでapacheのvirtualhostが認識できない」より
ナオユ

ちょっと何言っているのか僕にはわかりませんが、とりあえずEdge乙

まとめ

Edgeで仮想ホストを表示させる対応は次のとおり。

  • アドレスバーに「about:flags」を入れて「localhostループバックを許可」にチェック
  • 仮想ホスト名の末尾にピリオドを入れる

以上です。

お気軽にコメントをどうぞ。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

このサイトの管理者

ナオユ

Wordpress初心者向けにカスタマイズ方法やWEB制作のノウハウをポロッとまとめています。広告代理店→WEB制作会社→リモート勤務になり在宅ワークしながらアフィリエイトなど副業に挑戦中|子ども大好き新米パパ@H29男児|フラット35で実家を建て直し親と同居|仮想通貨投資(絶賛含み損w)