スクリーンショットに文字・矢印・モザイクを追加できるmonosnapが便利すぎる

2018年1月20日 ツール naoyu

画面をキャプチャーして矢印や文字、モザイク処理などが瞬時にできる、超絶便利なツール「monosnap」を紹介します。

下記よりダウンロードできます。

monosnap
https://monosnap.com/

ショートカットで簡単にキャプチャーができる

下記ショートカットで、選択範囲をキャプチャーできます。

Windows:CtrlAlt5

Mac:OptionCommand5

 

画面全体をキャプチャーする場合は以下。

Windows:CtrlAlt6

Mac:OptionCommand6

キャプチャーに文字・矢印・モザイクを入れる

画像にテキストはもちろん、矢印や図形、線、モザイクの挿入ができます。

サイズやカラーの変更もできるし、後から配置の微調整もドラッグで可能です。

当然、画像のトリミングも可能。

左上のカメラアイコンをクリックすると、新たにキャプチャーした画像を追加することもできます。

個人的には、これが超絶便利!いちいちPhotoshopを起ち上げなくても良いんですわ。

画像の保存が簡単

普通にCtrlS でも保存できるし、右上の「Drag me」をフォルダにドラッグするだけ保存ができます。

ファイル名に自動でタイムスタンプが追加されるので、上書きの心配なくバシバシ保存できます。

ドラッグ保存がシンプルで簡単かつ作業スピードがより早くなるので、おすすめポイント!

ショートカットを変更する

Windowsの場合のみ紹介。

タスクバーにmonosnapのアイコンがあるのでクリックして「Settings」を選択します。

設定ウィンドウが開くので、Hotkeysを開くとショートカットキーを変更できます。

好きなショートカットにして、効率アップしてください。

マウスホイールの押し込みに設定する人もいるそうですね。