年間5万円以上節約できる格安SIM「DMMモバイル」のメリット・デメリットを教えます

公開日: 2018年3月28日 最終更新日: 2018年4月19日

携帯電話は持ってますか?持ってますよね?
スマホですか?スマホですよね?

格安SIM使ってますか?

 

えっ違うの?

なんで格安SIMにしないんですか?(煽り

月額いくら払ってますか?

昔の僕は、毎月8,000~1万円程の通信量を払っていました。

大して使いもしないパケット無制限が付いていたり、通話時間30分無料とか無駄なものは付いてるから料金は高い

それで毎月1万円前後支払っていました。
そうすると、携帯代だけで年間十万円以上払っていることになるんですよ。

高くないですか?

 

結論から言うと、
僕は格安SIMのDMMモバイルで毎月の携帯代を半分以下にしました。

DMMモバイルにするだけで、年間5万円以上の節約に成功しました。

ではなぜ、僕がDMMモバイルを選んだのか?
代表的なメリットを3つ紹介させていただきますね!

DMMモバイルの公式サイトを見てみる

DMMモバイルのメリット

料金が超絶安い

説明するより数字をご覧頂いたほうが早いと思うので、実際に僕の携帯代の明細を公開します。

僕が主契約で、妻の分としてもう1回線「データSIM」を追加で契約しています。
データSIMは通話はできませんが、LINEで通話が可能なので全く不便ではありません。

また、データSIMでも電話番号は付与されるため、LINEやGoogle等のアカウント登録も可能なんです。

DMMモバイルの料金表はこちら

 

そして妻は育児休暇中でほぼ家に居るため、通信は基本的にWi-fiです。
たまに外出先で通信したところで、動画やゲームをガンガンやらない限り2GBで十分1ヶ月持つんです。

念のためにもう一度言いますが、僕と妻の2回線で月3,111円です。

安いでしょ??

通信回線がドコモだから電波が強い

DMMモバイルは、ドコモの回線を借りて通信を行っています。
ドコモの基地局は日本全国に供給されており、国内で繋がらない場所はほぼ無いと言っても良いと思います。

NTTドコモ等のキャリアは各々日本中に基地局を設置して電波を供給していますが、DMM mobileは自社の基地局を持たずに、NTTドコモの回線を借りてサービスを提供しています。

引用元:DMM mobileと主要3キャリア(docomo、softbank、au)との違いはなんですか?

ポイントが貯まる

月額料金の10%が「DMMポイント」として付与され、クレジットカード払いに設定すると更に1%分加算されます。

貯まったポイントはDMM.comの様々なサービスで使えます。

但し、有効期限は付与されてから6ヶ月なので、うっかり使わないでいるとポイントは消滅しますので注意。
(最近ポイントを消費しきれてないのがバレているw)

 

代表的なメリットを3つ挙げてきました。
これからデメリットもキチンと挙げておきます。

DMMモバイルのデメリット

乗り換え手続きがめんどくさい

携帯およびスマホの契約は、正直、面倒くさいと思います。

以前の契約を解約しないといけないし、解約違約金を1万円弱も払わなければならないので、もったいない気がしてしまう。

たしかに解約はめんどくさいですが、DMMモバイルの契約はネット上で全て完結します。

申し込み後、宅配便でSIMカードが送られてきます。
SIMフリー端末も同時申し込みの場合は、一緒に同梱されてくるでしょう。

ショップで接客の順番を何十分も待つ必要はないんです。

SIMフリー端末が高い

現在使っているスマホ端末にSIMロックが掛かっている場合、それは使えないので新たにSIMフリーの端末を購入する必要があります。
そうすると、端末購入代に初期費用で数万円必要になります。

ただ、最近では中古品や型落ち品が1万円前後で売られている事もあり、うまく探せば掘り出し物を見つけられるかも知れません。

サポートはメールか電話のみ

リアル店舗の窓口が無いので、トラブルや不具合など、何かあった場合に直接聞ける人がいません
よくある質問」やサポートメールに問い合わせをするなど、トラブルはネット上で自己解決に動ける人でなければ、不安で踏み込めないかもしれません。

僕個人的には、Googleで検索してよく調べ物をする人や、メールのやり取りに慣れている人であれば、そんなに難しく思うことは無いと思います。

大丈夫です。トラブルは大体ググれば解決します。

まとめ

いかがでしたしょうか。
ここまで挙げてきたメリット・デメリットを再度まとめると、

メリット

  • 料金が業界最安値
  • 回線電波が強い
  • ポイントがたまる

デメリット

  • 乗り換えがめんどくさい
  • SIMフリー端末が高い
  • 店頭サポートがない

という感じです。

DMMモバイルはデメリットを攻略すれば、誰でもスマホ代を半分以下に節約することができるんです。

僕の家庭と同じ様に、配偶者やお子様の分を家族を1つの契約にまとめたり、パケットをシェアして使うことも出来るので、工夫すればもっと節約できるかも知れませんね!

 

これを機に、毎月のスマホ代を削減し、その分で好きな事に大切なお金を回してくださいな!

DMMモバイルの公式サイトはこちら!